屋内用バックパネルINDOOR BACK PANEL

バックパネル オススメ商品 本体+メディアセット

バックパネル オススメ商品 交換用メディア

バックパネル商品一覧 本体+メディアセット

バックパネル商品一覧 交換用メディア ※弊社でご購入の本体をお持ちの方のみ

制作実績はコチラ

クロマキーアイテムCHROMA KEY ITEM

品質の高い映像や画像を作成するためには、クロマキー背景は欠かせないアイテムです!
弊社で屋内用バックパネルをご購入いただいた方なら、メディアを交換するだけで、お得にクロマキー背景を制作できます。
その他にも、リーズナブルで設置がラクラクなタペストリータイプも注目です!!

屋外用バックパネルOUTDOOR BACK PANEL

屋外用バックパネルは、スプリング状のフックを上下に吊って引っ張る構造なので、多少の風を受け流せる様になっています。
印刷メディアは丈夫で耐候性が高い遮光ターポリンと軽さを重視したメッシュターポリンから選択可能です。
また左右の脚部は給水タンクになっており、各20リットル入るので安定感も抜群!

制作実績はコチラ

クイックパネルQUICK PANEL

袋状の印刷メディアを骨組みにかぶせて使用するタイプのバックパネルです。
印刷面の奥行が約4cmと非常に薄型で、両面印刷も可能なのがコチラの商品の大きな特徴です!
上記2サイズ以外にも、カスタムサイズでの制作も承っております。

制作実績はコチラ

かんたんバックパネルKANTAN BACK PANEL

軽さと安さが特長です!もっと手軽で、お買い求めいただきやすい価格のバックパネルが仲間入り!
印刷メディアの四方にチチを取り付けて、本体フレームに通すだけのシンプル構造!
基本的な3サイズ以外にも、上記範囲内でカスタムサイズでの制作も可能です。

制作実績はコチラ

ロールアップバナースタンドROLL UP BANNER STAND

自立式のロールアップバナースタンドは、安定感があり場所をとらないので、
スペースが限られる店頭やブースの前などにオススメです。防炎認定品も揃えています。
使用しないときは印刷メディアが本体部分に巻き込まれるので、コンパクトに収納が可能です。

制作実績はコチラ

XバナースタンドX BANNER STAND

印刷メディアの四隅に打たれたハトメを、X字に広がる本体フレームのフックに引っ掛けるだけのシンプル構造。
本体フレームは非常に軽く、コンパクトに収納されるので、持ち運びが非常にラクです。

制作実績はコチラ

ポップアップバナーPOPUP BANNER

ワンタッチテントの様に自動的に広がるので、設置が非常にカンタンです。
芝生やグラウンドに設置する際は、付属のペグを打てば屋外でも安心!
Sサイズ・Mサイズ・Lサイズの3種類からお選びいただけます。

制作実績はコチラ

目的で選ぶSELECT

「サイズ」「価格」「納期」とより重視したいポイント別に商品をお選びいただけます。

ご注文から納品までの流れ

ご注文から納品までの流れイメージ ご注文から納品までの流れイメージ ご注文の流れ詳細

メールフォームからの送信ができなかった場合やお急ぎの場合は、お気軽にお電話ください。

受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
0120-205585

安心の販売実績

弊社ではサイトでの販促・装飾ツールの販売を始めて10年以上。
おかげさまでバックパネルシリーズの販売実績は累計7,500点を突破、
バナースタンドシリーズの販売実績は累計10,000点を突破と、
多くのお客様にご利用いただいております。
これからもより良い商品をご提供するべく、社員一同努めてまいります。

バックパネルシリーズ 累計販売数7,500点突破!! バナースタンドシリーズ 累計販売数10,000点突破!!

※各シリーズともに、2011年から現在までの弊社運営サイトでの販売総数

お客様の声

お客様の声一覧はコチラ

制作実績

弊社運営サイトをご利用いただいた中で、掲載許可をいただいたお客様を一部ですがご紹介いたします。

制作実績一覧はコチラ

お知らせ・トピックス

よくあるご質問

  • 国内印刷と中国印刷の違いは?仕上がりの差はありますか?

    価格だけでなく納期にも違いがございます。

    国内印刷は6営業日〜、中国出力は14営業日〜となりますが国内印刷よりも比較的安価となります。国内印刷の印刷メディアは防炎認定品というところも大きなポイントです。仕上がりの差についてはほとんどございませんのでご安心ください。

    閉じる

  • 色味に注意が必要なクライアントなのですが、色校正は出来ますか?

    有償となりますが可能です。

    原寸サイズのデザインを50cm角にトリミングし、実際に使用するメディア(生地)へ印刷します。印刷する箇所はご連絡いただければ対応いたします。本機校正の価格は50cm角で1枚/8,800円(税込)、2枚/11,000円(税込)となります。

    閉じる

  • バックパネルの布地が汚れた場合は洗濯出来ますか?

    防炎認定品かどうかによって扱いに違いがあります。

    防炎性能の無い印刷メディア(生地)は、中性洗剤をご使用の上洗うことは可能です。漂白剤入りの洗剤や柔軟剤の使用は避けてください。またドライクリーニングはご利用いただけません。防炎認定品のメディアは防炎性能が落ちてしまいますので、洗濯は出来ませんのでご了承のほどお願いいたします。

    閉じる

  • バックパネルの布地に折りたたみジワが目立つのですが、何か改善策はありますか?

    スチームアイロンを掛けていただくと、シワを伸ばすことが出来ます。

    アイロンはデザイン印字面の裏面から当て布をして掛けてください。またこれから屋内用バックパネルの購入をご検討の方は、別途有料で印刷メディア(生地)を巻いた形で梱包・発送するサービスも承っております。

    閉じる

  • 写真撮影時にフラッシュを使用すると反射しますか?透けますか?

    屋内用バックパネルの印刷メディア(生地)は、フラッシュによる色飛びの心配はございません。

    屋内用バックパネルに使用するトロマットという布素材は、壁面に設置するような場合では透けずにきれいに表示が可能です。ただし背景がガラス貼りで自然光が入ると若干透けて見える場合がございます。また照明器具の位置によっては、本体の骨組み部分が影となって見えてくる場合もありますのでご注意ください。

    閉じる

  • 以前本体+印刷メディアセットを購入しましたが、デザインの部分だけを新しく作りたいのですが?

    交換用メディアとしてご発注いただけます。

    他社製の同様の商品をお持ちの場合は、本体サイズが微妙に異なっている場合もございますので、あくまで弊社で運営のサイトよりご購入いただいた方のみ交換用印刷メディアのご注文を承っておりますので、ご了承のほどお願いいたします。

    閉じる

  • 本体フレームのみの購入は出来ますか?

    本体のみでの販売は致しておりません。

    当サイトでは本体フレームと印刷メディアを別々のところで購入すると、実際に使用する際にきれいに設置できなくなる恐れもあるため、品質を担保する意味でも本体+メディアセットという販売方法とさせていただいております。例外として以前購入いただいた商品が破損して、修理が不可能だと判断した場合に限り、代替品として本体のみをご購入いただけます。

    閉じる

  • 以前に購入した本体が壊れてしまいました。修理は出来ますか?

    バックパネルに関しては補修用のアルミフレームをご購入いただけます。

    アルミフレームに関してはご自身で交換・修理が可能ですが、他の商品や破損内容によっては弊社に一度お送りいただき、確認して修理費のお見積りをいたします。また修理が不可能だと判断した場合には、替わりの本体をご購入いただく場合もございます。詳しくはお問い合わせください

    閉じる

上記以外に不明な点などございましたら、「お問い合わせフォーム」にてお願いいたします。

お問い合わせフォーム

運営サイト

ZOOMでのお打ち合わせ
対応いたします

予約フォームはこちら