メディア(生地)・印刷方法

メディアの種類

記者会見・デザインバックパネルで使用するメディア(生地)は、屋内用でご利用いただく「布素材」と屋外用でご利用いただく「ビニール系素材」の2種類に分類されます。基本的に布素材は軽くて持ち運びやすいので屋内用に使用いたします。ビニール系素材は丈夫で耐候性も高いので屋外で使用いたします。また種類に応じて印刷方法や発色性、保管方法なども異なります。

防炎ラベル貼付イメージ

※安心・安全の性能 防炎製品を推奨

展示会場、商業施設、地下街や公共施設では、消防庁等の「指導」により防炎製品の使用が求められています。 厳しい防炎性能試験をクリアしたメディアを推奨しています。

防炎製品には印刷したメディアに防炎シールがついています。

※防炎製品設置の必要性の有無は地元消防署へご確認ください。

  • トロマット

    • 屋内用バックパネル

    ポリエステル製の厚手の布で、軽くて扱いやすい生地です。柔らかい質感で裏側への透けが少なく、鮮やかな発色に優れております。
    公益財団法人 日本防炎協会の品質管理基準を満たした「防炎製品」の認定品となります。


    国内出力

  • ポリエステル

    • 屋内用バックパネル
    • クイックパネル
    • かんたんバックパネル

    ポリエステル製の中厚手の布です。白生地の光沢感がある素材で、生地に艶があり印刷の色が鮮やかに出ます。丈夫で耐久性があります。防炎タイプは公益財団法人 日本防炎協会の品質管理基準を満たした「防炎製品」の認定品となります。


    中国出力

  • 遮光ターポリン

    • 屋外用バックパネル
    • ロールアップバナースタンド
    • Xバナースタンド

    ポリエステル系の繊維を合成樹脂フィルムで包んだビニール系素材で、耐久性に優れたテント生地です。
    丈夫で耐侯性抜群の素材ですので、長期屋外掲示用に適しています。光を遮るよう、中に特殊な繊維を挟んであり、どのような印刷をしてもインクが裏に抜けてしまうことはありません。発色に優れ、両面印刷しても裏写りしない生地です。


    中国出力

  • 防炎ターポリン

    • ロールアップバナースタンド
    • Xバナースタンド

    ポリエステル系の繊維を合成樹脂フィルムで包んだビニール系素材で、耐久性に優れたテント生地です。
    丈夫で耐侯性抜群の素材ですので、長期屋外掲示用に適しています。発色に優れ、両面印刷しても裏写りしない生地です。
    公益財団法人 日本防炎協会の品質管理基準を満たした「防炎製品」の認定品となります。


    国内出力

  • メッシュターポリン

    • 屋外用バックパネル

    ポリエステル系の繊維を合成樹脂フィルムで包んだビニール系素材です。
    全面に小さい風通し穴のあるターポリンで、強い風により幕が裂けないように工夫されています。ターポリンよりも軽量で扱いやすい素材です。少し離れると穴は見えなくなり、デザインが鮮明に見えます。


    中国出力

印刷方法

布素材には昇華型のプリント方式(インクを熱で気化させて繊維の中に染みこませる方法)で、屋外で使用するビニール系素材はUVインクジェット出力となります。

メディア保管・お手入れ

布素材

  • トロマット
  • ポリエステル

プリント面を内側にして折りたたみ、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管してください。
しわなどでアイロンをかける場合は、必ずプリント面裏側より中温であて布をしておかけください。

ご注意ください
  • ・プリント面には絶対に直接アイロンをあてないでください。
  • ・高温(180度以上)でアイロン等をあてると、熱で印刷が融けてしまい剥がれる恐れがあります。
  • ・洗濯の際は漂白剤入りの洗剤や柔軟剤の使用は避けて、中性洗剤をご使用いただくようお願いいたします。
  • ・防炎製品は洗濯できません。
  • ・ドライクリーニングはご利用いただけません。

ビニール系素材

  • 遮光ターポリン
  • 防炎ターポリン
  • メッシュターポリン

インクがメディアの上に乗る形の印刷方式なので、折りたたむと表面のインクが剥がれる可能性があります。
保管の際はプリント面を内側にして丸めて直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管してください。